高額ジムはこりごり

義父からお金の工面をたびたび依頼され、義父のためにお金を借りることもたびたびありました。

 

その返済に日々追われており、給料日にすぐ返済に充てる毎日を過ごしていました。そのため給料日が来たその日に次の給料日を待ち望む、これほどまでに追い詰められていました。

 

今までためた貯蓄を切り崩し補填することも限界があり、最後には貯蓄も底がつき、本当につらく苦しい日々をすごしました。

 

自分がまいた種ではなかったため、余計にしんどいと心底感じたことを今でも鮮明に記憶しています。完済には3年強かかりました。本当につらかったです。これで学んだことは、やはり自身の収入内で対応することです。

 

足りないから借りる、そして貸すということは自身を苦しめることにつながります。借りるという事は簡単ですが、返すことは本当に大変です。よく考え軽はずみな行動は控えていこうと心に強くきざみました。もし借りる場合でも日々の生活に負担のない額を考え、利用していこうと思います。

 

 

おじさんにも困らせられました

私には大工のおじさんがいました。おじさんは腕の良い大工で近所でも評判です。

 

我が家で増築をすることになったのでそのおじさんにお願いすることにしました。大工という仕事は大きなお金が最初にかかったりします。その為に大きなお金を最初に渡してしまいました。

 

親戚ということをあって最初に渡したのですが、長年大工の仕事をしてきて魔がさしたのでしょうかね。そのお金でギャンブルをして大金を無くしてしまいました。

 

案の定我が家は増築が途中になってしまいました。親戚だからと言ってもやはりお金には十分注意を払うべきでした。

 

そんなことを子供の頃に目の当たりにしてお金の怖さを知りました。いつもお金に携わる職業の人でも魔がさしてしまって横領などのニュースなどを目にすることがあります。

 

人のお金と自分のお金の区別がどうしてつかなくなるのか不思議です。その後おじさんからの返金もないままです。お金はあっても無くても困ることを実感しました。結局、どうしたかというと、普通の業者に頼みましたよ。手痛い出費でしたが、良い勉強になりました。

 

ちなみに、おじさんは、その後、家族に内緒でサラ金からも金を借りていたみたいです。

 

ローンでプライベートジムに通ったら大変なことになった

糖質制限と筋力トレーニングによりダイエットを完遂する最近のプライベートジム。

 

ご飯好きにとってはかなりきついらしいですが、たしかに痩せるようです。

 

痩身エステなんかだと、ウソや誇大広告が多いみたいですがプライベートジムだと、そんなことはないようです。

 

人間が太ったり痩せたりするメカニズムは単純。カロリー収支がプラスだったら、太る、マイナスだったら痩せるという単純なものだからです。

 

でも糖質制限は脂質はたくさんとってもよいのではと思うかもしれません。ここが糖質制限のポイントです。

 

脂肪というのはインスリンが出ていないとからだにはつかず、排出されるのです。そしてインスリンを出すのが炭水化物です。糖質制限はこの炭水化物を極端に減らすわけですから、脂肪が体につかないというわけです。

 

そして筋力トレーニングにより、筋肉の減少をできるだけ抑えながら、消費カロリーを増やして痩せていくわけです。メカニズムとしては単純ですね。

 

ただ、言うは易く行うは難しです。しかも多くのプライベートジムは金額が高額です。20万30万は当たり前という世界。しかも期間は2ヶ月。